記事リスト

乾燥肌に関して

顔に触れる人

注意が必要な成分

乾燥した肌は、肌を守る機能が低下し、敏感な状態になっています。刺激の強いスキンケア化粧品を使用すると、トラブルを引き起こしてしまう事があります。スキンケア化粧品に含まれる成分の中で、特に気をつけなければならないのが、アルコール、界面活性剤、パラベンです。アルコールは、揮発性がありますので、肌の水分を蒸発させてしまいます。水分保持力が低下した肌に使用すると、乾燥を進行させてしまう事があります。界面活性剤は、化粧水や乳液に含まれている事が多い成分です。こちらは、肌の角質層まで水分を浸透させるために使用されています。界面活性剤は、刺激が強い成分です。肌に必要な油分まで失ってしまう事があります。その中でも、特に刺激が強いのが、ラウリル硫酸ナトリウムです。こちらは、肌の水分量を取りすぎてしまう傾向があります。また、成分の分子が大変小さいため、肌の奥にまで浸透してしまいます。パラベンは、防腐剤の一種です。スキンケア化粧品を清潔で安全に保つために使用されます。現在は、研究開発が進み、安全性は向上しています。アルコール、界面活性剤、パラベンといった成分は、乾燥した肌へ使用する時は、注意しなければなりません。普段から成分を把握しておくと良いです。ただ、アレルギーには個人差がありますので、全ての方に異常が出るわけではありません。ご自身の肌質にあったものを見つける事が重要です。スキンケア化粧品を見直す際は、まず、トライアルキットや試供品を使用する事をおすすめします。自身の肌との相性を確かめる事が重要です。